9月 2011 03

レース会場

長野県諏訪市霧が峰高原


大きな地図で見る

コースの特徴・アピールポイント

陸上クロスカントリーコース、丘、林道を組み合わせたスタンダードな高速コース。

担当クラブ

スワコレーシングチーム

連絡先

スワコレーシングチーム(チノサイクル
〒392-0007 諏訪市清水 1-5-1 Tel 0266-52-1235 Fax 0266-57-1378 email:chinocyc@valley.ne.jp

エントリー

ホームページエントリーページより

レース結果

コレがキリガミネだ

C3goal

雨天の中、標高1650メートルの霧ケ峰に選手は集まった。霧の集まるところであり、わずか先も見えなくなる。独特のサーキットだ。
この日は、GPM 、北陸、関西、そしてサイクルモード東京とバッティング。だが、参加者は貴重な経験を持ち帰ったことは間違いない。

C3start

C3race
ここでのアタックポイントは全ての箇所だ。霧が深くなったら、後ろの選手は目標としていたキミを見失う。
泥とヒルクライム、ダウンヒルのコースは中学1年の山田が2位を100秒離してゴールした。
山田は初勝利。
C4表彰
1位 山田 将輝    LIMITED846
2位 前原 裕司   
3位 北澤 修   

カテゴリーマスターズ

Masters
原野さん、初勝利じゃないか? 悪コンディションで強さを発揮。

1位 原野 博明    エキップナカムラ
2位 菅澤 正憲    W.V.OTA
3位 小峰 悦雄    B-SOUL

L2

L2ceremony
この世界にはまったお姉さん。連戦参加です。
1位 菅澤 隆美    W.V.OTA
2位 長崎 佑子    瞬間移動

カテゴリー2

雨は激しく、路面はぐちゃぐちゃです。
c2race
こねられる泥道は、人が走らない端の方がこねられていない。
レーンを変えて走ること。カテ2になれば知っている。

ryutaro
1位はリュータロウ。11月3日にクロス初参戦。カテ3を1回でパス。
今回カテ2を1回でパス。このあとのビッグレースの資格を得た。
信州大学のU23期待の星だ。バーエンドコントローラーを愛用。
C2ceremony

1位 中村 龍太郎    信州大学自転車競技部
2位 中澤 潤    e-cicle カワハラダ
3位 山田 誉史輝    HAPPYRIDE

キッズ

kids
泥の中格闘、おつかれんさん。
1位 小林 勇輝    イナーメ・アイランド信濃山形
2位 佐藤 大志    チームあれ!あれ!
3位 佐藤 宇志    チームあれ!あれ!
4位 山崎 陽太    スワコレーシングチーム

カテゴリーL1

L1ceremony
1位 相野田 静香    CLUB GROW OGK KABUTO
2位 川﨑 路子    CLUB Viento

カテゴリー1

C1race
泥、砂は水溜りになり、しぶきを上げながら選手は走る。
先頭は小坂光、後方は父

c1ceremony
1位 小坂 光    TeamZenko/ブリッツエン宇都宮
2位 小坂 正則    スワコレーシングチーム
3位 丸山 厚    MASSA-FOCUS-SUPER B

レースリーダー

男子カテゴリー1

小坂 正則    スワコレーシングチーム
kosaka

女子L1

相野田 静香    CLUB GROW OGK KABUTO
ainota

ギャラリー

こちらをご覧下さい。