9月 2010 15

race_place_dummy

レース会場

〒389-0821 長野県千曲市上山田温泉2-5 万葉の里公園


大きな地図で見る

コースの特徴・アピールポイント

強い北風の中での集団での走行、障害越えのテクニックで上位に食い込める高速サーキット。

担当クラブ

信州大学自転車競技部

連絡先

信州大学自転車競技部 飯嶋俊祐 TEL・FAX・E-Mail 確認中

エントリー

ホームページエントリーページより

レース結果

今回は参加された皆さんに現場での着順判定がきちんとできなかったことをお詫びします。

ここも、長野のクロスが始まってすぐの頃からの伝統のコースである。八代スター商会がここで試合を始めたのは20年も前になる。
ブリヂストンアンカーの森田正美の名前を初めて見たのはここの試合だったと思う。私には見る目がなく印象がなかったが、藤森さんにあいつはすごいよということを教えられて覚えた名前だ。

1週前、前日はぽかぽか陽気であったが、当日は約束どおり信大のシマノの先輩が寒波を連れてやってきた。

カテゴリー3

  
01 中澤 潤 e-cicle カワハラダ
02 村山 一成 チーム サイクルマインド゛
—–昇格———
03 田尻 直樹 スワコレーシングチーム
04 臼木 和臣 C.Viento
05 喜代浜 信孝 レガルシー イナーメ
06 山田 憲司 スワコレーシングチーム
07 小林 英樹 COGS
08 兼子 明 スワコレ-シングチ-ム
09 松尾 純 国際自然環境アウトドア専門学校
10 金子 直樹 信濃山形 レガルスィ・イナーメ
11 岡林 秀樹 B-SOUL
12 田中 善展 シマノ・ドリンキング
13 曽根原 栄 千曲サイクリングクラブ
14 西澤 武志 快レーシング
15 森下 和志
16 中川 喜夫 スワコレーシングチーム
17 河野 淳二 快レーシング
18 広瀬 恵吾 イナーメ・アイランド信濃山形
19 柴田 浩行
20 小沢 裕志
21 小林 俊幸 Team Superiore
22 佐伯 裕昭 COGS
23 佐藤 匡也 チームあれ!あれ!
24 奥原 利昌 Bicycle Beat
DNF 工藤 雅人 C.Viento

カテゴリーL2
1 濱田 真子 湘南愛輪会
2 小谷 翠 NCFR
3 小松 香織 スワコレーシングチーム
4 小林 美智子 快レーシング゛
5 佐藤 有紀 チームあれ!あれ!
6 河野 祐紀子 快レーシング

カテゴリー2
1 兼子 博昭 スワコレーシングチーム
— 昇格 —-
2 中村 秀典 スワコレーシングチーム
–25%—
3 安藤 宏 HAPPY RIDE
4 牧野 崇 COGS
5 大森 高広 バイシクルパークO2
6 小林 博之 COGS
–66%—
7 赤沼 智真 快レーシング
8 湯原 正行 チーム サイクルマインド
9 松村 晃秀 C.Viento
10 佐宗 広明 Gruppo Chicorissimo

カテゴリーL1
宮内 佐季子 CLUB viento

カテゴリー1

1 小坂 光 UTSUNOMIYA BLITZEN
2 筧 五郎 イナーメ・アイランド信濃山形
3 斉藤 亮 チーム コラテック
–25%—
4 山本 聖吾 スワコレーシングチーム
5 大塚 潤 GRUPPO ACQUA TAMA
6 小林 聖 スワコレーシングチーム
7 飯塚 隆文 スワコレーシングチーム
8 村田 隆 快レーシング
—66%—-
9 澤田 雄一 チーム サイクルマインド
10 吉田 仁昭 ナカガワAS.K’Sデザイン
11 笹井 誉之 COGS
12 佐藤 由 COGS
13 篠原 尊敏 C.Viento

小坂、筧の特急列車に乗り遅れた斉藤 我慢して3位。筧はクロスは長くブランクがあったが今季ここまで登ってきた。40分過ぎに小坂に揺さぶられあっけなく置いていかれた。
小坂は昨年に続き連勝。

 
マスターズ

1筧 太一 イナーメ信濃山形
2新井 隆司 COGS
3平栗 武博 COGS
4茅野 利秀 スワコレ-シングチ-ム
5中田 喜之 Adventure Cycle
6臼田 章則 浅間技研レーシング
7小峰 悦雄 B-SOUL
8小林 義朋 快レーシング
9狩野 土 快レーシング

AJOCCのページをご覧ください